氣功やヒーリングを学ぶなかで

 

手を当てる順番とか場所とか覚えることもあって

 

大変だなあと思ったこともありました

ただあるとき気がついたんです

 

余計なこと考えず

ただ手を当てるのが効くんじゃないかと

 

ヒーラー側の状態やマインド、手を当てるときの意識

ってのはポイントになってきますが・・・

 

気持ち良い状態

過去の楽しい記憶やらそういう時の温かい感覚

を感じながら

ただ手を当てる

 

それは変性意識状態であり、かつ前向きな状態

 

エネルギーは伝わっているという絶対的な確信のもと

ゆるやかに

 

そうなるまでは、

迷いやらいらだちやら疑念やら色々あって

 

ヒーリングから離れてみたり

遠回りして

 

 

それを超えてのただの手当てだからこそ

意味がある

 

シンプルです

 

はっきりいって教わることもなく、これができたら

セルフヒーリングで自分自身を癒せます

もちろんお金はかかりません

 

自身が施術するよりも、こんなシンプルを

気づいて頂く、そのほうがいいのかな

 

と最近思っています